診療所の歴史

終戦直後の1945年(昭和20年)頃の月寒は、旧日本陸軍の兵舎や建物に樺太や千島、その他からの引揚者たちや復員軍人、家を失った戦災者たちであふれていた(5千人以上といわれる)。医療機関や医師の不足もあったが、薬すらない状態で月寒の住民たちの医療機関の増設要求は切実であり、こうした要求により月寒に診療所建設運動がはじめられた。

1949年 月寒診療所開設(月寒中央通2丁目)

 

 1965年頃の月寒医院(1958年 月寒医院と改称 )

 月寒医院の歴史をふまえ、2011年 月寒ファミリークリニックへ